草むしりや木の伐採をする際はプロからアドバイスをもらおう!

庭の美観性を維持するにはお手入れが必須!

庭の手入れを怠ると、家全体の印象まで悪くなってしまいます。綺麗な庭を維持しようと考えるなら、草むしりを行ない、木の伐採や剪定で庭のメンテナンスをする必要があるでしょう。何故メンテが必要なのか、その理由に迫ってみましょう。

業者が語る欠かせない庭のメンテナンスとは?

草むしりをせずに雑草を放置しておくとご近所とトラブルになる可能性があります。(草むしり業者)

庭に生える雑草は、通常の植物よりも繁殖力が高い上に成長速度が早いという特徴があります。少しでも草むしりを怠ってしまうと、あっという間に雑草で溢れかえった庭となってしまうでしょう。その結果、ムカデやクモ、蜂などにとって格好の住み家となってしまいます。特に、住宅街では敷地同士が隣接していることも多く、害虫被害が飛び火する可能性もあります。草むしりを軽視すると、思わぬご近所トラブルを招いてしまうので注意しましょう。

庭に植えてある木を伐採することで様々な問題が解消されます。(伐採業者)

雑草の草むしりは、作業を行なう規模が狭ければ自分でも行なえますが木の伐採は簡単にはいきません。また、思い入れのある庭木だと、どうしてもハサミを入れることができないという方もいるでしょう。しかし、枯れ木や病気になっている木は、伐採の必要があります。枯れ木は害虫の住み家となりやすく、落下の危険性を含んでいます。病気の木は健康な木まで感染を広げてしまいます。早急に対処することで、これらの危険性を回避することができます。

針葉樹や広葉樹など庭木の種類によって剪定の時期が異なります。(剪定業者)

庭木には様々な種類があります。大きく分けると針葉樹や落葉樹に分類することができますが、剪定する時期が異なるため正しい管理が必要になります。剪定の時期を誤ると、木の育成に影響を及ぼしてしまいます。針葉樹なら冬に基本剪定を行ない、広葉樹の場合は春に行ないます。夏や秋に行なう剪定では、葉や枝の形や量を調整して風通しを良くします。年間を通して様々な管理が必要になりますが、木の成長のためには欠かせない作業だと言えます。

庭の手入れは、草むしりのように簡単にできるものもあれば、木の伐採や庭木の剪定のように専門の知識や技術がなければ失敗してしまうようなものもあります。最近では、庭のメンテナンス作業全てに対応している業者も多いので、自分で作業するよりもプロに依頼した方が効率よく庭を整えることができるはずです。手間がかかる重労働も、プロならあっという間に対応してくれるでしょう。

庭のメンテナンスを業者に任せる際の注意点

プロに庭の管理を依頼することで、面倒な作業から解放されます。しっかりと剪定された庭木や、草むしりを行なった芝生はきっと美しいことでしょう。しかし、作業内容のクオリティは業者によって異なるため、場合によっては依頼前よりもひどい状態になってしまうこともあります。そうならないためには、実績の確かな専門業者かどうか事前に確認することが大事です。また、見積もりやアフターフォローに至るまで、明確な説明を行なってくれる業者を選ぶようにしましょう。

TOPボタン